代表者挨拶

ハマショウトランスポート代表取締役の濱崎貴雄です。

弊社は私が初代で立ち上げさせて頂きました会社ですが、多くの温かい仲間の支えがあり設立させて頂いた会社です。 
人の心によって形となった会社であり、今もまた、人の心によって成長させて頂けている事に感謝しています。 
そんな弊社は、「心」「想い」「感謝」をベースにあらゆる事を考え・判断し、行動して行く集団であり、会社であり続けます。 
弊社の管理職は皆、全社員を家族と思い真剣に向き合っています。家族である社員と共に心をこめてお客様にサービスの提供をし、成長し続ける会社を、そしてまた、家族である社員に働く事の面白さや充実感、そして幸せを感じてもらえる会社を、常に貪欲に目指していまいります。

濱崎社長に聞きました 

Q1社長が運送業界へ入ったきっかけを教えてください

16歳からアルバイトで働いていた ガソリンスタンドに、就活もろくにせず、何となしに就職したスタンドのお客様に長距離輸送をする運送会社がありました。地方から帰ってくるトラックのホイールは熱を持ち、雨の日には白く湯気を出すほどでした。そんなトラックを運転するドライバーに「どこからお帰りですか?」と聞くと、大阪、熊本、青森、時にはフェリーで札幌だと返事が返ってくる。知らない土地を走って汚れたフロントガラスが新鮮で愛おしく感じ、拭きあげ作業にも熱が入いりました。

ある日、その運送会社のドライバーさんに「うちに来いよ」の一言で、アルバイトで3年、就職して半年のガソリンスタンドを退職、思ってもいなかった職業につくことになったのが、18歳の秋のことでした。

Q2ドライバー時代の1番の思い出は?

沢山ありますが、初めて名古屋に荷物をお届した時ですかね。
中距離デビュー!

東名高速で名古屋に行けるということを初めて知り、中央道と東名高速が小牧でつながっていることも知らなかった。見るもの聞くもの全て知らないことばかりで、自分の無知さを知った19歳の夏。

Q3ドライバー時代の1番大変だった思い出は?

秋の北海道ですね、あの日は忘れません。

10/27着で札幌に飲料を届け、江別で帰りの荷物を積み帰路となりました。

行きは洞爺湖の虻田から国道230号へ入り札幌へ、江別からもそのルートで函館まで戻ろうとしたら、途中の中山峠が雪で通行止めになっていたんです。

仕方なく室蘭を周り当時は道央道も無かったので下道を走って函館に向かっていました。

胆振国道付近で雪が降ってきてしまい、チェーンの準備をしていない俺は登坂車線でスタックしてしまいました。

ホイールにロープを編むように巻き、なんとか脱出してもロープはすぐに切れてしまいどうにもならなかった。

日も暮れて路面はアイスバーンとなり、行き交うトラックは坂を滑りながらおりて来る状況の中、走行中のトラックにけん引をお願いしても、「そんなところで止まったら共倒れだ」と断られ続けていたところ、一人のドライバーが「砂を撒け!」と走り去った。

国道の所々に設置してある砂袋を懐中電灯をもって峠道を歩き探した。

的確なアドバイスだった、トラックの脱出に成功し、どうにかこうにか函館港に着くと、先程声をかけた数名の運転手たちに出会い食事をご馳走してもらった。

Q4社長になって今までで1番良い思い出は?

初めて新車を購入し、納車された時。

注文してから、納車されるまで、担当となる乗務員は毎日カタログと仕様明細をみていたのが懐かしい。

Q5社長が今一番ハマショウトランスポートのスタッフ全員に伝えたい事は?

感謝です。

これからのハマショウトランスポートは今まで以上に従業員を大切にし、管理職だからと言って壁を作らず風通しの良い環境作りを目指します。また、車両の装飾など社員教育を含め細かい指摘は増えますが、新規のお客様との取引を1件でも増やし、効率の良い輸送案件の着手を実現させる考えです。

今期は経営計画書にも掲げた、チーム「ハマショウ」を創り、その方向性を全員が理解し、コミニケーションを円滑にして信頼関係を築き、全員で目標に向かっていく強い組織を目指す考えです。

トラックが好きでこの商売を始めて、トラックが好きなみなさんと日々仕事が出来ることを感謝しています。先程も少し触れましたが、車両の装飾、作業着の着用、挨拶など、昔はそれが守れないドライバーも、お客様からの指名があったものです。

「◯◯さん、車がちょっと派手で‥‥でも◯◯さんは、とても気が利くし、どんな無理でも愚痴を言わず気持ちよく対応してくれる」と評価してもらえる時代でした。

私が勤めていた運送会社も、正直派手な会社でした。当然ドライバーも元気があり、見なりや車両も派手でしたが、仕事は誰にも負けないという集団でした。それが、通用する時代でした。

しかし、今は時代が変わり運送業もコンプライアンスを重視され、原油の高騰、車両価格の高騰により利益が出せなくなり、ドライバーに満足のいく給料が支払えず、ドライバーのプロ意識の低下、雇用トラブルなど悪循環となっています。

ハマショウトランスポートは、いや、濱崎はここ数年、強い組織を創りたいと取り組んで参りましたが、取り組み自体は間違いではなかったと思いますが、そこにとらわれ過ぎてしっまたことろがありました。

あらゆる社内業務を軌道修正して新たな体制でこの不況を乗り越えていき、従業員とその家族が幸せになってもらえるように務めてまいります。


このページの先頭へ