社長ブログ

関東平野を上から覗き込む

社長が地図をコピーし

どの部分に高速道路を利用し

時間を短縮するか・・・・と言うテーマの元に向かい合いました。

ハマショウトランスポート

「2コースの積み場所、卸し場所、車庫、をマーカーし

蛍光ペンでルートをなぞらせ

そのうちの高速道路を色分けさせ料金を付箋で書き込む

すると、そもそものルートを組み替えれば

「このルートはこうできる」とか

「これだから駄目なのでは」とか

意見がたくさん出てきました。

やっぱり、百聞は一見に如かず

関東平野を上から覗き込んで

話し合ったほうが早い」

配車係は配車のプロだけど

それでもやっぱり毎日トラックを走らせてるドライバーの意見は

とってもリアリティーがあり

社内外問わずドライバーさんとの情報交換も豊富なので

効率良いアイデアが出てくるのかもぴかっ!

改めてこう言う取り組みは大切なのだと実感しました。

何かアイデアがあれば

恥ずかしがらずにどんどん教えてくださいね♪

アトム有限会社ハマショウトランスポートアトム

☆関東⇔関西便 毎日4便往復中☆

(相模原配車担当 中島)

TEL:042-711-9123

FAX:042-711-9124

(兵庫配車担当 岩瀬)

TEL:0794-81-1580

FAX:0794-81-1581

社長にアンケートVo.3

社長にアンケート、第3弾です♪

今回のアンケートはコレ!

Q3:ドライバー時代の1番大変だった思い出は?

秋の北海道ですね、あの日は忘れません。


10/27着で札幌に飲料を届け、江別で帰りの荷物を積み帰路となりました。


行きは洞爺湖の虻田から国道230号へ入り札幌へ、江別からもそのルートで函館まで戻ろうとしたら、途中の中山峠が雪で通行止めになっていたんです。


仕方なく室蘭を周り当時は道央道も無かったので下道を走って函館に向かっていました。


胆振国道付近で雪が降ってきてしまい、チェーンの準備をしていない俺は登坂車線でスタックしてしまいました。


ホイールにロープを編むように巻き、なんとか脱出してもロープはすぐに切れてしまいどうにもならなかった。


日も暮れて路面はアイスバーンとなり、行き交うトラックは坂を滑りながらおりて来る状況の中、走行中のトラックにけん引をお願いしても、そんなところで止まったら共倒れだと断られ続けた、一人のドライバーが「砂を撒け!」と走り去った。


国道の所々に設置してある砂袋を懐中電灯をもって峠道を歩き探した。


的確なアドバイスだった、トラックの脱出に成功し、どうにかこうにか函館港に着くと、先程声をかけた数名の運転手たちに出会い食事をご馳走してもらった。


一生懸命走り回って脱出を試みる社長の姿が目に浮かびますね!

事故なく本当に良かった!!

こう言うアクシデントを沢山経験して来られたんだろうなと思います。


アクシデントってその時は本当に「サイアク!」って思いますよね。


でもその経験は絶対に一生忘れないし

自分の強みになるし

今度似た様な事があっても対応出来るし

そもそもちゃんと準備も忘れず出来る。

社長が準備上手なのはもしかしてアクシデント経験が豊富ってコト?(笑)

ハマショウトランスポート

<過去のアンケート>

Q1:社長が運送業界へ入ったきっかけを教えてください

Q2:ドライバー時代の一番の思い出は?

アトム有限会社ハマショウトランスポートアトム

☆関東⇔関西便 毎日4便往復中☆

(相模原配車担当 中島)

TEL:042-711-9123

FAX:042-711-9124

(兵庫配車担当 岩瀬)

TEL:0794-81-1580

FAX:0794-81-1581

社長にアンケートVo.2

社長にアンケート、第2弾です♪

今回のアンケートはコレ!

Q2:ドライバー時代の1番の思い出は?

沢山ありますが、初めて名古屋に荷物をお届した時ですかね。
中距離デビュー!
東名高速で名古屋に行けるということを初めて知り、中央道と東名高速が小牧でつながっていることも知らなかった。見るもの聞くもの全て知らないことばかりで、自分の無知さを知った19歳の夏。


よく道を知ってる社長にも「初めて」があったんですね!

みんなもデビューの日をよく覚えてるのかな♪

ハマショウトランスポート
1地番手前の4Eレンジャーが当時の社長が担当していた最初の4t車
エアーブレーキもない頃の丸目レンジャー
撮影場所:芝浦桟橋


しかし19歳の夏の社長はどんな少年だったのでしょうか♪


と言う事で社長に「その頃の写真はないの?」と聞いたら

なんとか探して見つけ出してくれました!


ジャジャーーーン音譜

ハマショウトランスポート

19歳の頃の社長、笑顔いっぱいでめっちゃカワイイですね!

撮影場所:香芝パーキング



こんなあどけない笑顔いっぱいの少年を見て

今の社長の姿を見ていると

本当に色々な経験をし

恥をかき、悔しさを味わい、涙を流し、

奥歯がボロボロになる程歯を食いしばってがんばってきた経験が

今の社長の笑顔に刻まれているんだなって

しみじみ思い

なんだか胸がいっぱいになりました。

この少年の姿を見ていると

あぁ、もっとがんばんなきゃなって思います。

ハマショウトランスポート

遠征試合や合宿のお手伝いをさせていただいたことがきっかけで

ハマショウトランスポートは川崎フロンターレを応援しています。

中村憲剛さんと社長は小金井の同郷でお話しも盛り上がったそうです☆


社長、沢山の経験や思いを乗り越えて来てくれてありがとうございました。


これからも色々あると思いますが


頼りないかもしれませんが


私たちハマショウトランスポートの皆が居ますから!


一緒にもっともっともーーーっと良い会社にして行きましょう!




<過去のアンケート>

Q1:社長が運送業界へ入ったきっかけを教えてください

アトム有限会社ハマショウトランスポートアトム

☆関東⇔関西便 毎日4便往復中☆

(相模原配車担当 中島)

TEL:042-711-9123

FAX:042-711-9124

(兵庫配車担当 岩瀬)

TEL:0794-81-1580

FAX:0794-81-1581

大切にしているミッション

先日、社長と一緒にお客様との会食に同席させて頂きました音譜

ハマショウトランスポート

5月に兵庫営業所のバックヤードに咲き広がるシロツメクサ。
昔、海外からガラスを輸入する際に、商品が壊れないようにこの花を緩衝材として詰めていたことから「白詰草」と呼ばれるようになった外来種の花なんだと、乗務員の一人が教えてくれました。(社長談)

先日のお盆休みの繁忙期に入った厳しい案件が入りました。

多くの運送会社さんが厳しいと判断する運行で

もちろん通常であれば当社も例外なく厳しい。

でも、「無理です」と言わず

まず案件をお預かりして

出来る方法を見つけよう!と言うのが

社長から強く言われているミッションで

この案件をどうすれば問題なく運行出来るのかを考え

お客様にぶつけてみました。

その見積もりをお客様はそのまま荷主様にご提示されたそうで

お客様は荷主様から

「こんなのを待ってたんだ!」とお褒めの言葉を頂いたそうです。

それがあの家電の運行です。

ドライバーの皆さんへの信頼があったからこその

アイデアを絞り出せて

自信を持ってお客様に提案させて頂き

私たちの思いが伝わって喜んで頂けたと言う事です。

とっても嬉しいですね!!

どうしたらお客様が喜んでくれるのか?

どうしたらお客様に利益を出して頂く事が出来るのか?

どうしたらドライバーさんの安全運行を守れるのか?

どうしたらドライバーさんの収入を確保する事が出来るのか?

どうしたら会社の利益を出させて頂く事が出来るのか?

「どうしたら皆がHappyになれるのか?」

これがハマショウトランスポートの大きなミッションです。

貪欲に追及して行きますよ~!

みんなも協力お願いします♪

アトム有限会社ハマショウトランスポートアトム

☆関東⇔関西便 毎日4便往復中☆

(相模原配車担当 中島)

TEL:042-711-9123

FAX:042-711-9124

(兵庫配車担当 岩瀬)

TEL:0794-81-1580

FAX:0794-81-1581

社長にアンケートVo.1

社長がどんな経験をして

どんな事を考えていて

ハマショウや私達の事をどんな風に思ってるのか

とっても知りたい!!!

みんなに知って欲しい!!!

と言うことで、忙しい社長をひっ捕まえて

アンケートに応えてください!と書いてもらいました(笑)

シリーズ化としてアップして行くので、楽しみにしていてください♪

記念すべき第1回目はこのアンケート!



Q1:社長が運送業界へ入ったきっかけを教えてください

16歳からアルバイトで働いていた ガソリンスタンドに、就活もろくにせず、何となしに就職したスタンドのお客様に長距離輸送をする運送会社がありました。地方から帰ってくるトラックのホイールは熱を持ち、雨の日には白く湯気を出すほどでした。そんなトラックを運転するドライバーに「どこからお帰りですか?」と聞くと、大阪、熊本、青森、時にはフェリーで札幌だと返ってくる。
知らな土地を走って汚れたフロントガラスが新鮮で愛おしく感じ、拭きあげ作業にも熱が入いりました。
ある日、その運送会社のドライバーさんに「うちに来いよ」の一言で、アルバイトで3年、就職して半年のガソリンスタンドを退職、思ってもいなかった職業につくことになったのが、18歳の秋のことでした。

社長がこの業界に入ったきっかけって

なかなか知る機会がないので興味深く読めましたよね!

アトム有限会社ハマショウトランスポートアトム

☆関東⇔関西便 毎日4便往復中☆

(相模原配車担当 中島)

TEL:042-711-9123

FAX:042-711-9124

(兵庫配車担当 岩瀬)

TEL:0794-81-1580

FAX:0794-81-1581

このページの先頭へ